看護師として産科で働きたいと思い就活頑張ります!

私は四人の子どもの母です。
毎日、家事に育児に追われてぐったりだけど、子供たちが健やかでいてくれることに日々感謝しています。

三人目までは安産で、妊娠期間中も多少のつわりがあったものの、元気に過ごしていました。
でも、4番目は前置胎盤気味で、子宮口のすぐ上に胎盤がついていました。
なかなか赤ちゃんの育ちも悪く、クリニックの先生からは「もしかすると大学病院でのお産になるかもしれないよ」と言われてしまいました。
上三人お世話になったクリニックの先生に、四番目のベビーを取り上げてもらえないのかな・・・という不安と、大学病院の万全な体制で少しでも危険を回避してベビーを出産したい、という気持ちがありました。

それからなんとか37週に入り、ベビーの成長はゆっくりだけど、陣痛が来ました。
そして無事、クリニックの先生にベビーを取り上げてもらうことができました。
上の子たちの立ち会い出産を希望していましたが、今回は母子ともに危険をともなう、ということで万が一緊急事態に備え、立ち会い出産は叶いませんでした。
でもそんなワガママは言ってられません。
ギリギリ保育器に入らなくても良い体重ではありましたが、元気に産声をあげた小さな娘。
本当にほっとしました。

それからはクリニックで快適な入院生活です。
最近の産婦人科クリニックは、ホテルのようで食事もおいしいし、入院生活はお姫様です。
そんな入院生活の最後の小児科検診があった日のことです。
私はシャワーをすませ、足湯でくつろいでいました。
すると看護師さんが、かけ足で私を探しにきたのです。
小児科の先生のところにすぐ来てほしい、ということでした。
娘の心臓に小さな穴があいている、ということでした。私は目の前が暗くなりました。

退院後、紹介していただいた小児科の心臓の専門の先生に診ていただきました。
「大丈夫、成長とともに、この穴はふさがります。これは完治します。医者は絶対という言葉は使わないけど、今回は使うよ、絶対治ります」私はその言葉に涙しました。
それから一年かけて娘の心臓の穴はふさがり、今では元気すぎるくらい。

こうして子どもの体も良くなり、子育ても一段落したので、わたしもそろそろ看護師として復職しようと思いました。
娘を無事に産ませてくれたこのクリニックで、私も産科に携わりたいと強く思うようになりました。
⇒⇒⇒⇒看護師 求人 富山

娘に関わって下さったお医者様や看護師さんに感謝、そして健やかでいてくれる子供たちに感謝の日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です